• BLOG
  •  
  • DEALER
  • WEB STORE
  • SHOP INFO
  • CONTACT
  • FACEBOOK

STANDERD Denim

UPDATE ; 2018.02.11


 

こんばんは。

今日はEVILACTのスタンダードシリーズデニムにについてキーボードをカタカタ打ちます。

newsでは、あまり細かく書けない(書かない)ので、本日もこちらで、想いを綴りたいと思います。。

 

「スタンダード」 言っても前期よりスタートさせたデニム生地で、シリーズのデニム生地では3代目となります。

全然スタンダードじゃ無いじゃん…と言われたらその通りですね。

しかし、その時はその時なりの理由がありました。

生地の表情や色落ち優先させたり、ボリュームを意識して重めのオンスにしたり…

もちろんどれも間違いでは無かったのですが、定番として使い続けるには癖が強かったり、夏場は暑過ぎたり、また色落ちを優先すると強度的に弱かったりetc…

(これらはあくまでも当社比です。)

 

 

 

 

 

もう一度、スタンダード(標準や規格など)の意味を考えた結果、シャトル織機でしっかりと打ち込んだ、毛羽残しクラッシック14.5オンスセルビッチデニムを使用しています。

 

特徴は、ヘビーオンスながら生地感はしなやかで、色味は現在主流な濃紺のセルビッチデニムと比べ、多少青みが強くでた印象でしょうか。

またもう1つの特徴としては、ソフトで、ほんの気持ち程度ではあるのですが伸縮します。これが大変着心地良く、窮屈な格好になってもストレスを感じません。

何かに特化する事なく、通年して履く事を考え、あえて基本的な5pocket jeansとしました。普通と言われれば普通ですが、生地やシルエットに拘りを詰め込んでおります。

これらの「スタンダード」を基礎とし、今後は企画もののデニム製品をリリースして行く予定です。

 

 

 

 

さて、こちらは僕自身の「JP02 ORIGINAL FIT SELVEDGE JEANS」

シルエットは細身ナローストレートですね。

約20日間程着用。

洗濯は5日程履いた頃、エンジンオイルをこぼしてしまった為、一度だけ洗濯をしました。

 

 

 

 

 

使用環境は日常で履くのみで、作業着としては勿論、実はバイクにも2度程しか乗っていません。

一日の履いている時間は長いですが、ダメージを受け易い環境では無いと思います。

上着が良く当たるセンターのベルトループが一番色落ちが進んでますね。

普段布地のイスに良く座っているので、ヒップの中央から薄くなってきました。

 

 

 

 

 

 

ご覧の様に色落ちに関しては極端ではなく、割としっかり履き込まないと、色落ちしずらい方だと思います。

その反面、極端なコントラストの色落ちや、くど過ぎる縦落ちをする事はありません。

自然な感じがgood。

補強の為、ポケットの内側に貼ってあるスレーキも原因の一つではありますが、ご覧の様にいつもトラッカーウォレットを入れている右バックポケットにも、ウォレットの後は未だうっすらで、逆にコアヤーン糸で飾ったアーキュエットステッチ自体の色落ちが目立ちます。

 

 

 

 

こちらは殆ど擦れやアタリの出づらい膝下部。

履き始めにある、うっすらとした本来のクラッシデニムらしい毛羽立ち。何処か懐かしくお思います。

昔、なけなしのお金を握りしめ、ジーンズショップで赤耳のリジッドリーバイスを購入し、洗ったら毛羽立つのが嫌で、暇さえ有ればライターで焼いていた高校時代を思い出します。。

正直当時は好きではありませんでした。

 

 

 

 

こちらは割とアタリの出易い腿部。

髭が出始め、毛羽立ちも無くなりました。この差が徐々進み理想通りの表情が現れるか楽しみでなりません。

 

 

 

 

 

膝裏。

髭の出づらいデニムながら、細身の為膝裏はくっきりとしたしわは出てます。

僕自身、あまり膝裏のハチノスがくっきり出過ぎるのは好まないので、ほどほどで落ち着かせたい所です。

膝の内側に強く色落ちしてる部分がありますが、ELに乗る時、ニーグリップをするのですが、錆びてザラザラになったファイアーボールのタンクエンブレムが常に当たってるので、ここだけ極端に色落ちしてしまいます。

 

 

 

 

こちらも僕自身が着用してる「JK14 MC Trucker Jacket」

おろしてから、約30日程着用してますが、まだ一度も洗濯をしておりません。

しかし、2回ほど強い雨などには当たってます。

 

そうそう。JP02同様、新品の状態でワンウォッシュはされてるので、リジッドではありませんね。

 

 

 

 

パンツに比べ、ダメージを受けずらいトップスですが、多少使用感は出てきました。

特に肘はそれなりにアタリが出てきました。

 

 

 

 

 

襟にも放射状のアタリが見受けられます。無理にエイジング等はしてません。

 

 

 

 

 

170cm 65kgの私は

オーバーサイズのトレーナー(L)の上に、少し余裕のあるJK14のMサイズ。

パンツはジャストサイズのJP02の32インチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトにJK14を着るにはSサイズなのですが、着こなしに幅のあるMを選択しました。

 

 

 

 

 

 

またJP02拘りの裾幅。

裾幅というよりも全体のシルエットなのですが、とくにブーツを履いた時の裾具合を意識しました。

どんなブーツやスニーカーを履くのかにもよりますし、各々の好みもありますし、全てを説明をできませんが、とにかく拘りであります。

 

ここをご覧の皆さんに、少しでも伝われば嬉しく思います。

また、やはり今後も経年変化の進行具合をこちらでご報告させて頂きたく思ってます。

 

 

ではでは

back to top